魯山人が愛した八勝館の味

シュシュブライダルブログをご覧のみなさまこんにちは。



局地的な豪雨が多い今日この頃…


いつ振られるか分からない状況に傘を手放せない日が続きますね…





本日はシュシュブライダルがご提案させて頂いております「八勝館」のお料理についてお話しいたします。







先日、八勝館自慢の日本料理の撮影を行いました。




八勝館といえば財界人や美食家が愛したことで知られる東海を代表する名料亭。

かの有名な北大路魯山人も晩年まで通った料亭でもあります。




2019年にはミシュランガイドに掲載され


豪華で最高級、極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理」


と二つ星の評価を受けた八勝館。




撮影の際に板長さんや女将さんから

確かな味を提供し続ける八勝館の料理の話を色々と聞かせていただきました。





鰹節は本枯節、昆布は利尻の三年物を厳選して使用し、雑味の無い出汁に仕上げており、

食材はもちろんのこと、料理に添える花や草木の葉で、季節の演出に心掛けていること。





可能な限り地元産の食材選びを心掛け、魚は知多・三河・伊勢。

野菜ならば愛知・岐阜・三重、地元以外なら現時点での最良のその食材産地から仕入れていること。