【2部制結婚式】精一杯の感謝の気持ちを伝えたい




挙式を普門園

披露宴をTHE GATE HOUSEで行いました。

コロナ禍の中、家族親族

あとは来ていただける方だけで行う、

換気環境がしっかりしている場所での

挙式・家族・親族との食事会、

友人とのパーティを1日で行う

2部制の結婚式を採用したおふたり。



“来てくれるみんなが居て今の自分があるから

精一杯の感謝の気持ちを伝えたい”


という強い想いをお持ちのおふたりでした。





おじい様おばあ様と同居し、

普段から仏様に手を合わせていた新郎様


お母様の想いを叶えるために

白無垢を花嫁衣装に選んだ新婦様


その想いが重なる場所を探す中

普門園に一目惚れしていただき

ご相談いただきました。










友人とのパーティーは綺麗な夜景と

会場にある装飾品や雰囲気を気に入っていただき

THE GATE HOUSEとなりました。







メインの演出は

新婦様のご友人と司会者による

ラジオ風リクエスト大会♪


ラストは新婦様が

お父様が大好きな曲をリクエスト


お父様のお言葉に

思わず涙してしまう場面もありました








パーティーの結びには

ご友人の前でも人前式を行いました


はじめの挙式に来れなかった大切なゲストにも

幸せに歩んでいく決意を伝えることが叶いました






自分に厳しく、常に心身ともに充実した状態で

物事を行うことに努めることによって

余裕が生まれ、人にやさしくできる新郎様


海の近くで生まれ穏やかな環境の中で

とても優しいご家族に大切に育てられ

看護師という仕事・人生の中で

たくさんのことを経験し、

人のことを大切にすることが

染み込んでる新婦様


常にピュアに相手のことを考えるおふたりだからこそ

この時期に行うことに対してのことは葛藤がありました。


ですが、そんな波も2人で乗り越えてほしいという思いや

生まれ、よく行く場所、プロポーズの場所、

好きな場所が「海」にまつわることから、

「イルマーレ」というテーマを贈りました。




-イルマーレ-愛する人と永遠に共に-  

海は表面も十分に美しいが

深いところに潜ってみると

多くの人には見えない美しさがある


穏やかで凪いでいる時もあれば

荒れて厳しい時もある

しかし結局は

それはいつも美しい


海の中では地位も名誉も関係ない

誰に対しても平等


海は出会った海岸の形になり

海岸によってその姿を変える

愛はそんなうつろう海と同じ


夫婦で人生を歩き始めるということは

海図もない大海に漕ぎ出していくようなもの

常に謙虚に

人生の先輩から教わったことが羅針盤(コンパス)として

歩もう





その他お手伝いさせていただいた事例は

>こちらからご覧くださいませ