s-5.jpg

Q.プランナーを目指したきっかけは?

My

Philosophy

大学のサークル活動の一環だった英語劇制作を通して、たくさんの人と1つの目標に向かって力を合わせることの楽しさ、人のこころを動かすことを発信する素晴らしさを感じた経験をしたことが大きかったです。そして同時期のホテルウェディングでのサービスのアルバイト経験から“結婚式以上に愛で溢れた空間は他にはない!”と衝撃を受けたことが相まって、私も結婚式に深く関わるお仕事がしたい!と強く思ったのがきっかけでプランナーを目指しました。

s-10.jpg

熱量の高い仲間たちと一緒に

成長し続けられる環境

Q.シュシュに入ったきっかけは?

結婚式に関わる仕事を探していたときにSNSでシュシュを見つけました。

“もっと愉しく、もっと自由に” のコンセプトを目にして、「固定概念に囚われない結婚式ってどんなものだろう?」と興味が湧いて、自由度の高いオリジナルウェディングがどのように創り上げられるのか私も当事者として体験したいと強く思い、すぐに求人応募をして、最初の面接で「シュシュブライダルの⼀員になってプランナーを目指したいです」と伝えました。はじめはアルバイトとして採用してもらい、何度も結婚式当日のサポートに入ってキャリアを積み、その後先輩スタッフやみなさまのご協力もあり、正社員になることが出来ました。

Q.シュシュに入って感じたことは?

シュシュのスタッフはこれまでの経験から見つけ出した自分の軸や強みがあり、その人しか持ち得ない発想や着眼点を持っていて、今まで私が出会ったことのないような人たちばかりでした。何より、いつもお力添えをいただくパートナーの皆さまも含めて「純粋に結婚式がだいすき」です。個性と結婚式を創ることに対して情熱的でストイックなプランナーが揃っているからこそ、シュシュブライダルが創る結婚式は唯⼀無⼆であり、それがシュシュブライダルというチームをつくっているんだなと、入社をして改めて感じました。

s-9.jpg

心と心が自然と繋がり

​愛に溢れた1日を届けていきたい

Q.西岡さんが思う「結婚式」とは?

私が思う結婚式とは“愛に溢れた空間”。

それは、普段はなかなか口に出して言えない相手を思う気持ちや感謝の気持ちをおふたりやご家族、ゲストのみなさまがさまざまな瞬間で伝え合う姿が垣間見えるからだと思っています。

この先いつまでもおふたりの心に残る1日を創るお手伝いが出来るよう、これからも周りの方々や色んな物事からたくさんのことを吸収して、精一杯頑張っていきたいです!

Planner
04

Hitomi Nishioka

西岡 仁美

出身:愛知県

大切な人達と過ごす

愛で溢れた空間を

いつまでも鮮明に思い出せる

​1日を創りたい