- 結婚式へのこだわり・大切にしたいこと -

・本当に大切な方を招き 普段中々照れくさくて⾔えない感謝の気持ちを伝えたい

・ゆっくり時が流れる、落ち着いた場所で 大切なゲストとの時間を存分に楽しみたい

・特にこだわりはないけど、ゲスト参加型の演出ができたらいいなという想い

・会話 / 写真を撮る時間

・新郎様:姪っ子が活躍できる場

・新婦様:大好きなお兄様に感謝の気持ちを伝えたい

・自分分たちがやりたいことを貫く

・衣装(白無垢・色打掛・WD)

・会場全体の統⼀感(衣装や装花・ペーパーアイテムは新婦様の⼿作り)

- 会場を選んだポイント -

①非日常を感じる空間

普段、お仕事や趣味でとてもおいそがしいおふたり。

だからこそ、本当に大切な方を招き 普段中々照れくさくて言えない感謝の気持ちを伝えたい。

そして、ゆっくり時が流れる、落ち着いた場所で 大切なゲストとの時間を 存分に楽しみたいと想いを強くお話ししてくださいました。

 

また、これまで数々の結婚式に参列してきた中で、王道のチャペルに意味を見出せずに結婚式を挙げようか迷っていたおふたりでしたが、人とは被らない唯一無二である普門園でなら結婚式を挙げたいと決心してくださいました。

②普門園ならではの仏前式
「結婚の報告をご先祖様や仏様にして、感謝をする」という意味合いにとても感動し共感してくださり、正直 挙式ってなんでやるんだろうと思っていたけれども、大好きだったお母さんにきちんと報告したい、とおっしゃってくださいました。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1

Gallery

秋の彩りがはじまる
非日常を感じられる普門園で
ゆっくり寛ぎ、心から楽しむ

0044.jpg

Customer's

voice

- お客様の声 -

正直、結婚式はしなくても良い派でした。ですが、シュシュブライダルにプロデュースして頂き、形にとらわれない好きなものを詰め込んだ式ができて本当に「やってよかった!」の一言です。
ゲストに感謝を伝えるとか、そんな大層なことは語れないのですが、無し婚派だった私たちが結婚式をあげることになった経緯とか、珍しいシチュエーション(ご両親が来れない)だったけれど、形にとらわれない式が作れてとてもよかったです!

0381.jpg

Planner

- プランナーのコメント -

結婚式を迎えるまでに、準備期間やご家族のことで色々考えていくことがあるおふたりでした。
最初は、それに対して、自分が踏み込んでもいいのか悩むこともありましたが、自分にできることは、おふたりに寄り添うこと、一緒に考えること、向き合うことだと学ばせて頂きました。
 
何度も悩み、精一杯考えて創りあげた結婚式当日は、おふたりがゲストを、ゲストがおふたりを思う、暖かな気持ちで溢れた1日でした。そして、改めて 自分の大切な人にどんな形であれ素直な気持ちを伝えることって本当に大切なことだと感じました。
 
なにより、「心から結婚式を挙げてよかった!」とお言葉をいただき、そう思ってもらうことができて本当によかったです。 

おふたりの担当として結婚式に携わることができて、本当に幸せでした。本当にありがとうございました。

9.jpg

Ceremony details

場所:普門園

収容可能人数:70名

料理内容:懐石料理