0713八勝館-218.jpg

時代と共に変化してる結婚式の形ですが

昔も今も変わらないことがあります。

それは大切な人

すなわちご家族、ご親族、ご友人に

伝えるということ

親御さまやご兄弟、周りの方々に支えられて

今日まで歩んできた新郎新婦様にとって

結婚を「誓う」だけでなく、

結婚を「報告」する日本の結婚式は

両家の繋がりを強くする時間になることでしょう。

和の挙式

伝統衣装に身を包み格式高い厳かな挙式が叶います。

人前式2.jpg
人前式

ゲスト様全員に結婚の証人と

なってもらう宗教や格式を気にする

必要がない自由なスタイル

DSC_5569.JPG
神前式

家と家を結びつけるという

考え方に基づき​神様に結婚の

報告をする挙式スタイル

0079.jpg
仏前式

ふたりが出会った「ご縁」に

感謝し仏様とご先祖様に結婚を

報告する​挙式スタイル

衣装

和の結婚式には大きく3つの伝統的な衣装があります。

​和ならではの演出

お母さんやおばあちゃんがそうであったように生まれ育った実家で花嫁になる準備をし

仏壇に手を合わせ「今日、この家を出ます」と決意を固めて送り出してもらう“自宅着付け”

もはや東海地方の名物となった“お菓子まき”

祝杯をみんなで祝う“鏡開き”など、

和婚ならではの演出もたくさんご提案させていただきます。

0713八勝館-137.jpg
s-1151.jpg