TT" a Little Knowledge Store的幸福日和



シュシュブライダルが考える少人数結婚式

幸福日和


場所 料理 空間 時間 言葉 

どれもこれも

”おふたりらしさ”を表現したい。


大切にしたいこの想いが

どのようにカタチになるのか?


テーマ、進行、場所・料理・空間・時間・言葉

のこだわりを、それぞれシュシュブライダルが

おすすめしたい会場で

架空の新郎新婦を設定し考えてみました。


その第一弾

「TT" a Little Knowledge Store的幸福日和」

少し長くなりますがお付き合いください。


今後

・有松

・八勝館

・トレフルブラン

も掲載します。そちらもお楽しみに!


<新郎新婦の設定>


新郎は1987年4月23日生まれ

収集癖があって。古い物に価値を感じる人でした(骨董市好き)

趣味はミニクーパー、山登り、カメラ、時計、アンティーク

好きな色は緑


会場の飾り付け・両親に感謝を伝える

参加者と触れ合う時間

(それぞれのテーブルを回ってなにかしたい)

を大切にしたいとのこと


新婦は1992年12月21日生まれ

趣味はカメラ、山登り、アウトドア、旅行、カフェ巡り。古い食器集め、植物。ドライフラワー。

好きな色:青、黒、白


美味しいごはんとお酒

写真を沢山撮れる、あと音楽で楽しむこと

会場の飾り付け、料理、ドリンク、

みなさんが動きやすい席配置

写真を撮れる

を大切にしたい

そして今までに見たことのない

サプライズのある式

憧れをもった方です


社会人になって新婦同僚(共通の友人)の紹介で

出会ったおふたり

新郎の家が初めて会った場所。

あんまりお話ししなかったけど合うなと思った

部屋がオシャレだったのと・ドライカレーが印象的)

今の自分でも許してくれる人。趣味が合ってた。

山登りも同じタイミングでやりたいと思い、

一緒に行き(金華山)ハマった。

<そんなお二人に届けたいテーマ>

継ぎ足し-何十年何百年も守られる味-


<ストーリー>

ずっと愛されるその味は

毎日丁寧に調理された素材の旨味がくぐり

ほどよい温度が菌をなくし

適切な配合の継ぎ足しがあるためにできること

毎日交わす会話が絆を深め

心地いい愛情が気を満たし

相手を思いやるバランスの取り方で

年月を経ても

楽しい時間を一緒に共有できる

今と変わらない夫婦の味を守り続けれるはず

<なぜ?このテーマ>


新しいものより古き良きものが好き。

物/事を大事に大切にしているお二人。


ヒアリングの中で

お互いの好きを尊重して

それをよりよいものに昇華させて楽しんでいく

夫婦生活を送っていくんだなと感じました


そんなお二人ってお店の秘伝のタレのように

なっていくんだなっと


そしてそんな秘伝のタレってそもそも

どのように守られ作れてるのか調べたところ

お二人の結婚生活にリンクするなと思ったので

このテーマを。


そして今後の結婚生活を過ごしていく上で

大切にしてほしいことをストーリーに込めました

<テーマカラー>



お二人の好きな色を混ぜた色→挿し色で使用

ランナーと天井装飾に使用

また新郎の靴下・新婦の靴にも使用






<テーマから考えた結婚式当日こだわりの演出>

 12.12 人数15名 

ー場所ー

○自分たちのコレクションや

撮り溜めていた写真を見てもらうため

ギャラリースペースを用意

→普段70-80名入る場所を1フロア貸切なので

場所によって演出を考えれるから有効活用

新郎新婦がお出迎えし

とっておきのドリンクとともに

おふたりと語らいながらご覧いただきます 

とっておきのドリンクは緑茶ソムリエによるお茶

古くから日本にあるお茶のよりよきよさを伝え

楽しんでいただく演出


ー料理ー

○食前酒を用意/季節の香りを楽しみ五感を整え、

料理を楽しんでもらうため

○前菜は旬の食材を生で食べてもらう演出

食材ひとつひとつ丁寧に説明し、

良さを知ってもらう

その前菜にあうドリンクを用意

あえて品数を減らし、おかわりができる

料理内容にします

ー空間ー

○ギャラリースペース

→出会った時の新郎の自宅をイメージ

出会った頃のエピソードとともにゲストを招きます


後半はceremonyの時間があるので

ギャラリースペースをどんでん(装飾を追加or移動)

して誓いを立てるスペースへ作り替えます。

○DJの音楽演出

80年代のロックが好きなおふたり

宴の後半はまるでjuke boxのように

リクエストを募集しながら

会場の音楽を楽しんでもらいます

ー時間ー

ムービーを長めに収録し(ドキュメンタリー風に)、呼べなかったゲストとの関係や

仕事ぶりを美味しいデザートとドリンクを飲みながらご覧いただく

ー言葉ー

新郎→新婦

ゲストが来るまでにテラスにてロケ撮影

(新郎から新婦に12本の薔薇を送る)

バラを送るのはその日がDozen Rose Dayだから

→プロポーズでバラを送った。これは新婦へのサプライズ

ゲスト→新郎新婦

お気に入りの写真をもってきてもらってそのエピソードを伝えてもらう

新郎新婦→ゲスト

厳選した写真をポストカードにメッセージを読んでお渡し

新郎新婦→両親

宴のラストにceremonyを用意

誓いの言葉の時間で両親への感謝、内容も一緒に考えます



<テーマに沿った演出>


・フォトスポット作成チェキ撮影

お二人に向けてメッセージを書き、所定のところに貼る(継ぎ足しのアイテム)

→今後も足せるようになっている

・ぬか漬け作成(継ぎ足しのアイテム)


<プランナーから一言>


おふたりのこれまでの生活は、

趣味があって、こだわりがあるのに

結婚式でこだわりたいことは?って聞くと

やっぱり経験したことないことだから

出てこないことが多い


だから自分たちは

たくさんおふたりのことを聞いて

紐づけて おふたりらしい

こだわりの結婚式を一緒に作っていく


安心してください

どんなおふたりでも

私達のヒアリングにかかっていただければ

いつもの結婚式とは

ひと味違う

それでいて意味がちゃんとある

想いが伝わる結婚式を作ります

この結婚式どのように1日過ごせるの?

会場はどんな風に装飾されるの?

ぜひ直接お問い合わせください。




今回ご紹介した会場の詳細も

よろしければご覧ください*


TT” a Little Knowledge Store


「食」へのこだわり





***

開催中の相談会はこちら

▶︎Event


オンライン相談会も開催中!

***

YouTubeライブ配信

vol.1 シュシュの自己紹介

vol.2 シュシュが携わった結婚式

vol.3 te-ra BRIDES COLLECTIONと新プランの紹介

ChouChouBridal YouTubeチャンネルより

ぜひご覧くださいませ



シュシュブライダルは、名古屋を拠点に東海エリアでオリジナルのオーダーメイドウェディングを行なっているブライダルプロデュース会社です。

野外ウェディングやホテルウェディング、レストランウェディング、家族婚や和婚まで幅広く、本当におふたりらしい結婚式をご提案しています。

▶︎お問い合わせ


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Instagram
  • ブラックTwitterのアイコン

Chou Chou Bridal   - シュシュブライダル -

〒466-0825

名古屋市昭和区八事本町100-32 八事ビル2D

TEL 052-835-0011

OPEN 平日 11:00 - 19:00 土日祝 9:00 - 19:00

CLOSE 火曜日(祝日を除く)

ACCESS

○ 公共交通機関の場合

地下鉄鶴舞線・名城線「八事駅」

1番出口より徒歩2分

○ お車の場合

名古屋高速自動車道吹上東ICより車で7分

名古屋第二環状自動車道植田ICより車で14分

近隣の八事山興正寺の立体駐車場をご利用ください。
駐車サービス券をお渡しいたします。

Chou Chou Bridalは、名古屋市を拠点に東海エリアでオリジナルのオーダーメイドウェディングを行なっているブライダルプロデュース会社です。

野外ウェディングや、ホテルウェディング、レストランウェディング、家族婚や和婚まで幅広く、本当にふたりらしい結婚式をご提案しています。

Copyright Chou Chou Bridal All Rights Reserved