TT" a Little Knowledge Store的幸福日和



シュシュブライダルが考える少人数結婚式

幸福日和


場所 料理 空間 時間 言葉 

どれもこれも

”おふたりらしさ”を表現したい。


大切にしたいこの想いが

どのようにカタチになるのか?


テーマ、進行、場所・料理・空間・時間・言葉

のこだわりを、それぞれシュシュブライダルが

おすすめしたい会場で

架空の新郎新婦を設定し考えてみました。


その第一弾

「TT" a Little Knowledge Store的幸福日和」

少し長くなりますがお付き合いください。


今後

・有松

・八勝館

・トレフルブラン

も掲載します。そちらもお楽しみに!


<新郎新婦の設定>


新郎は1987年4月23日生まれ

収集癖があって。古い物に価値を感じる人でした(骨董市好き)

趣味はミニクーパー、山登り、カメラ、時計、アンティーク

好きな色は緑


会場の飾り付け・両親に感謝を伝える

参加者と触れ合う時間

(それぞれのテーブルを回ってなにかしたい)

を大切にしたいとのこと


新婦は1992年12月21日生まれ

趣味はカメラ、山登り、アウトドア、旅行、カフェ巡り。古い食器集め、植物。ドライフラワー。

好きな色:青、黒、白


美味しいごはんとお酒

写真を沢山撮れる、あと音楽で楽しむこと

会場の飾り付け、料理、ドリンク、

みなさんが動きやすい席配置

写真を撮れる

を大切にしたい

そして今までに見たことのない

サプライズのある式

憧れをもった方です


社会人になって新婦同僚(共通の友人)の紹介で

出会ったおふたり

新郎の家が初めて会った場所。

あんまりお話ししなかったけど合うなと思った

部屋がオシャレだったのと・ドライカレーが印象的)

今の自分でも許してくれる人。趣味が合ってた。

山登りも同じタイミングでやりたいと思い、

一緒に行き(金華山)ハマった。

<そんなお二人に届けたいテーマ>

継ぎ足し-何十年何百年も守られる味-


<ストーリー>

ずっと愛されるその味は

毎日丁寧に調理された素材の旨味がくぐり

ほどよい温度が菌をなくし

適切な配合の継ぎ足しがあるためにできること