挙式を行う意味





結婚式での誓いとは

今までお世話になった方達に

これから私たち寄り添いながら

生きていきますという証


この人と歩んでいこうという

けじめと決意の気持ちを伝える時間


恋人だったふたりの気持ちが

引き締まって変化する


それは夫婦のはじまり。


つらいことや悲しいことは

夫婦で乗り越え


嬉しいことや楽しいことは

夫婦でその喜びを共有していく。


そんな純粋で素直な気持ちを伝えること


そして夫婦の愛だけではなく

家族や親族、見守ってくれた方々への感謝


そして未来に出会うであろう人々への愛を誓い

みんなの幸せと平和を祈ること

この誓いのためにプランナーは

誓いの意味を伝えヒアリングを重ねます



その過程で夫婦で歩んでいく

覚悟と絆が深まれば と思います

何事も続けるのは大変です。

夫婦もそうだと思います。

特に何十年と続けるのは

何かを乗り越えなければいけないとき

何が必要か。


それは必ずじゃないけど

初心に返ることも必要な時があると思います。

そんなとき

誓った覚悟があることで乗り越えてくれれば

そんな嬉しいことはありません。

シュシュブライダルがこだわりたいこと

それはお二人が夫婦を続けていく覚悟を決めるための

お手伝いをすることです。





結婚式の準備が始まって

人生を振り返った時


今までお世話になった方々の顔が

一人ひとり思い浮かびます


そこで

たくさんの人たちに

支えてもらってきたことを実感する



結婚式を行わなければ

こんなにも人生を振り返ることも

感謝の気持ちが芽生えたり

伝えようと思うことは